LAN あるいは無線で 2 台の Windows 7 を接続してデータ交換

クロスケーブル

2 台の Windows 7 をLANケーブルあるいは無線で接続し、ファイルの共有やデータ交換を行う方法を以下に示す。

LAN ケーブルを利用する方法

2 台のパソコンのそれぞれに対して、以下の手順に従って、設定作業を進める。

  1. 2 台のパソコンを LAN ケーブルで繋ぐ。(念のため、両方とも無線接続を無効する。)
  2. 「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を順に選ぶ。
  3. アクティブなネットワークの表示に「識別されていないネットワーク」が表示されていることを確認する。
  4. ネットワーク設定の変更で「ホームグループと共有に関するオプションを選択する」をクリックする。
  5. 「ホームネットワークに接続していないため、ホームグループを利用できません。」の下に「ネットワークの場所と詳細」が表示されている。これをクリックする。
  6. 「ホームネットワーク」クリックする。

無線接続を利用する方法

速度は LAN ケーブルには叶わないが、無線接続でクロスケーブルを構築することもできる。まず、1 台目のパソコンで以下のように設定する。

  1. 「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」の順に選ぶ。
  2. 「ネットワーク設定の変更」の「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックする。
  3. 「ワイヤレスアドホック(コンピューター相互)ネットワークを設定します」を選択する。
  4. 「次へ」をクリック。
  5. ネットワーク名を入力する。(任意な名前をつけることができる。)
  6. セキュリティキーを入力する。(セキュリティの観点から必ずパスワードを設定すること。)
  7. 「このネットワークを保存します」にチェックを入れる。(チェックしないと再起動した時に設定が消える。)
  8. しばらく待つと、「~のネットワークの使用準備ができています。」が表示される。この文の下のにある、「インターネット接続の共有を有効にします」をクリックする。

続けて 2 台目のパソコンを設定する。

  1. ワイヤレス接続の設定を行う。選択できるネットワーク名に、先ほど設定した名前が含まれているので、それを選んで接続する。
  2. 接続が確立されると、ネットワークの種類を選択させる画面が表示されるので「ホームネットワーク」を選ぶ。
  3. 「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」の順に、ネットワークと共有センターを起動する。
  4. ネットワーク設定の変更で「ホームグループと共有に関するオプションを選択する」をクリックし、共有を有効にする。