バイオインフォマティクスの分野では主に Linux あるいは Mac を利用する

OS

Linux

バイオインフォマティクスの分野では Linux がよく使われる。テキストマイニング、シミュレーションやビッグデータの処理などを得意とする。しかしながら、Linux は Windows とは違い、マウスのクリックだけでソフトウェアのインストールやビッグデータの処理が行えるわけではない。多くの場合、コマンドを利用してマシンに直接命令して、作業を進める必要がある。このページでは Linux を利用する上でよく利用されるコマンドについて情報を載せている。

Macintosh

バイオインフォマティクスの分野では、Macintosh も Linux と同様によく使われている。バイオインフォマティクスの分野では長時間かかる処理は Linux を利用するが、プログラムを作ったり、プログラムのテストを行ったりする場合は Macintosh が比較的に利用されている。Macintosh は操作性が良い上に、作成したプログラムをすぐに実行できるというメリットがある。バイオインフォマティクスの初心者にとっては Macintosh がおすすめ。

Windows

Windows には Office などのソフトウェアがインストールされているので、論文を書くときなどに便利である。しかし、最近では Macinotsh 版の Office も改良されており、ストレスなく使えるようになった。そのため、プログラムを作成したり、データを解析したり、最後に論文を書くなど一連の作業がすべて行える Macintosh が便利である。バイオインフォマティクスの分野では Windows の肩身が狭くなりつつ。